伝統的な手編みの製法と、最新の素材から生まれたイタリア製バッグ Alma Tonutti
始まりは、イタリア北東部Udine(ウディネ)の郊外。
1943年頃から、アンジェロ(Mr. Angelo Vicario)とその妻であるエリーサ(Mrs. Elisa Maria Petri)による ハンドメイドアイテムの生産がスタート。
第二次世界大戦の最中、トウモロコシの皮(Cornhusk)を使った、手編みのカゴバッグ、特別なデザインや飾りなどのない、とてもシンプルなものでした。

設立年となる1973年頃、工場名を2代目ヴィトリオ(Vitlorio)の妻の名をとって「Alma Tonutti」に。

現在はミラノ・東京の展示会で、毎シーズンコレクションを発表。
手編みならではのあたたかみや、オーソドックスでありながら遊び心のあるデザインは、 スペイン、ポルトガルをはじめ、世界中で多くの方に愛され続けています。
生産者からのメッセージ
手作りの製法・自社での一貫生産

バッグのボディ部分は手編みによって作られています。
北イタリア、ウディネ地方の伝統的な製法によるもので、木型に合わせて編みこむ手法を守りながら、ひとつひとつ手作りで生産されています。
近年、ヨーロッパのラグジュアリーブランドの生産背景がアジア諸国に移っている中、自社の工場でデザインから生産まで行う、正真正銘のイタリア製バッグです。